2017/09/27

レッスンで使う材料や道具・レッスンの流れ~試食まで

 

この記事を書いている人 - WRITER -
鹿児島県曽於市の自宅でおうちパン教室をしています。 趣味はパン・お菓子作り・時には料理。 息抜きに、皆さんと一緒にパン作りができると嬉しいです。

パン作りをしてみたいけど、材料や道具は何を揃えたら良いの?

と思う方もいらっしゃるかと思うので、レッスンで使用しているものを簡単に紹介して、レッスンの流れも少し書いてみます。

材料について

  • 国産小麦粉(はるゆたか使用)
  • 砂糖・・・きび砂糖(ミネラルが豊富)
  • 塩・・・ゲランドの塩
  • インスタントドライイースト(※必要な方には小分けします)

これだけで美味しいパンが焼けるんですよ。

普通にパンを焼こうとすると発酵や成形に時間がかかる為、おうちパン教室では講師が前日に準備しておいた(発酵済の)生地を使って成形して焼きます。

なので、レッスン中に生徒さんが作った生地は持ち帰って、自宅で復習をして頂きます。

必要な道具

  • 焼成機材・・・(オーブン・トースター・フライパン・魚焼きグリル)
  • スケール
  • ボール
  • マット
  • カード・スケッパー
  • めん棒
  • キッチンスケール
  • ゴムべら
  • オーブンシート
  • 網(焼いたパンを覚ますもの)
  • 保存容器(タッパー)
  • ピザカッター

これがないからパンは作れない・・・

というのが無いのがおうちパンです。

ピザカッターが無くても包丁でもいい!!

おうちにあるもを使えば大丈夫です。

でも形だけでも揃えたい…という方は、100均でも揃えられるので、見に行くだけでもワクワクしますね^^

レッスンの流れ

計量

材料を計量します。

生地作り

一人ずつ生地を作り、作った生地は(レッスンの間)冷蔵庫にお預かりします。

成形・焼成

事前に講師が用意しておいた生地で成形後、お好きな機材で焼きます。

試食

焼いたパンを試食します。

※過発酵を防ぐために、レッスン後は寄り道せずにまっすぐ家に帰宅し、生地を冷蔵庫へ入れましょう。

試食の様子

※レッスン料は、こちらの試食・ドリンク込の料金になっています。

こんな感じで皆さんに試食をしてもらっています。ご自身で焼かれたパンはまた格別です。

パン作りだけでなく、楽しくおしゃべりしにきませんか^^

レッスンに持ってくるもの

  • エプロン
  • お手拭きタオル
  • 800㎖程度の蓋つきタッパー(保存容器)
  • 保冷バッグ(タッパーが入る大きさ)と保冷剤
    ※初回に限り、保存容器はこちらでご用意します。
    2回目以降は、お渡ししたタッパーをお持ちください。

 

 

おうちパン教室 yuinonkitchen

この記事を書いている人 - WRITER -
鹿児島県曽於市の自宅でおうちパン教室をしています。 趣味はパン・お菓子作り・時には料理。 息抜きに、皆さんと一緒にパン作りができると嬉しいです。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です